ヘルペスの正しい治療の知識を身につけて早期に治療を開始しましょう

ヘルペスにかかったら正しい治療が必要です。治療をする場合には、口唇ヘルペスができたら皮膚科を受診してそれから治療を開始しましょう。皮膚科では色々と薬等も処方されると思いますので処方された薬を服用や外用して治療をしましょう。

 

ほうっておいても治らない

放っておいて治るものなら治したいと思っている人もいるかも知れないのですが、ほうっておいても治りません。ウイルスに感染しているので、ウイルスの細胞を増殖する行動をストップさせなければ治らないのです。ですから何らかの薬を使って細胞の増殖を止める必要があるでしょう。

 

放置していると…

放置していると希にですが、ウイルスが脳にはいり、ヘルペス脳炎と呼ばれる脳炎に発展することがあります。1年間に300人程度の人が発症していてそのうちの、10パーセント程度の人が死亡しているのです。

初めて感染した場合には、鼻の粘膜から神経に入り、そして脳に移動して感染することが多いでしょう。再発した場合はこめかみを通る三叉神経を通り脳に入ります。症状が現れるのは年齢によっても違うのですが、発熱や頭痛、嘔吐等の状態が続いて以上な行動等が現れたら、もしかするとそれはヘルペス脳炎かもしれません。

甘くみていると死亡にもつながる怖い感染症でもありますので、早めに治療を受けるようにしましょう。放っておいてもよくなってきたように見せかけて実際は良くなっていないのです。抗ウイルス薬を処方してもらうことが一番の近道になりますので、その点を理解しておくといいでしょう。

ヘルペスは感染したらほうっておいてもなかなか治らない疾患です。免疫力が下がるたびに再発を繰り返しますので、その都度きちんと治療しておく必要があるでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ