ヘルペスの一種の口唇ヘルペスについての知識を深めよう

口唇ヘルペスは口の周囲にできるヘルペスです。かゆみが先行して最初はかゆみだけなのですが、だんだん水膨れができるなどして悪化していくのが特徴です。体力が落ちているとか疲れていると出来るという特徴があります。

 

日本人の10人に1人?

口唇ヘルペスは日本人のうち10人に1人はかかったことがあるのではないかと言われています。ですが症状が出ていないだけで口唇ヘルペスの原因となっている単純ヘルペスウイルスを持っている人はさらに多いと言われており、20代から30代の人の場合には半数以上が持っているのではないかと言われています。

年齢が上がると感染する可能性もたかまりますので、60歳以上でほとんどの人がかかったことがあると言われているのです

 

子供の頃の感染

子供の頃に知らないあいだにウイルスに感染して免疫を持っている人が、今は衛生状態もいいので若い人は感染率が下がりつつあるのですが、それでも感染している可能性は高くなります。

そして大人になって免疫力が下がってきたことをきっかけにして発症するということもあるみたいです。しかし一度も感染したことがない人にとっては、大人になって初めてウイルスに感染することになりますので、そうなると重症化しやすいので気をつけましょう。

 

口唇ヘルペスは四段階

口唇ヘルペスの場合はだいたい四段階で水膨れができると言われています。かゆみや火照り等も感じていて水膨れができてかさぶたになるという過程を辿ります。違和感を感じてからかさぶたになって終了するまでは4段階に分かれているので、早い段階で治療を受けることが望ましいでしょう。

口唇ヘルペスはかかった経験がある人が多いヘルペスの一種です。治療をすれば早く治すことは可能です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ