ヘルペスのウイルスはすぐに感染しやすいですが理由は感染力

ヘルペスウイルス、これは感染力が高いウイルスと言われています。感染力は高いですが、だからといって症状が辛くなるというわけではありませんので感染力が高いので、かからないような予防策が重要になります

 

接触感染する

口唇ヘルペス、これはウイルスが原因で病気になってしまいますので、接触をすることで主に感染してしまいます。症状が体になんらか出てくる場合には既にウイルスが大量に排出されてしまっています。これまでに口唇ヘルペスにかかったことがない人が、ヘルペスにかかると重症化しますので注意しましょう。

免疫があっても発症することはあります。免疫があっても例えばその人の体力が落ちているとか、疲れがたまっている場合には発症するのです。

 

キスでうつるのか?

口唇ヘルペスはキスでうつるのでしょうか。これは気になることですよね。

結論から言えば口唇ヘルペスは直接患部に触れれば接触していますので感染してしまいます。症状が出ていない人はいいのですが水膨れなどの何らかの症状が既に出ている場合には、感染する状態ですので注意しましょう。症状が出ていなくても既にウイルスが体液に出てきていることはあると言われています。ですから症状がないからといって安心していると知らないあいだに相手に移しているということもありますので注意が必要です。

しかも口唇ヘルペスなので、口だけに感染すると思っている人は多いのですが、実際は口唇ヘルペスであっても、口唇から性器に感染することもあります。感染経路は接触感染ですので十分注意したほうがいいでしょう。

キスをしても口唇ヘルペスはうつってしまいますので、知らないあいだに移してしまわないようにしましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ