ヘルペスについての詳しい知識を持つことはとても大事なこと

ヘルペスについて知っている人と知らない人が居るかもしれませんが、ヘルペスは色々と種類がありますので、1種類ではありません。ヘルペス、これはもともとは水膨れが集まっている状態のことをいいます。

ヘルペスウイルスに感染した状態

ヘルペス、これはヘルペスウイルスに感染している状態のことです。そしてヘルペスウイルスは型が実は8種類もあるというのが特徴です。

感染するウイルスによって症状の表れ方は色々と違っていますが、よく知られていることに単純ヘルペスウイルスによる口唇ヘルペスがあります。また単純ヘルペスウイルスの2型による性器ヘルペスや、帯状疱疹ウイルスによる帯状疱疹等も有名ではないでしょうか。

人に感染して症状を表すヘルペスというのは単純ヘルペスが二種類、そして水痘・帯状疱疹ウイルスが1種類、エプスタインバーウイルス、サイトメガロウイルス、ヒトヘルペスウイルスが三種類あります。

 

ヘルペスは身近なウイルスの一種

ヘルペスと聞くと感染症のウイルスなのでとても怖いというイメージを持っている人も多いかも知れないのですが、実際はそれほど怖くはありません。なぜなら身近にとても多くいるウイルスだからなのです。ヘルペスは恐ろしい感染症だと思っている人はそれは間違いですので改めて大丈夫でしょう。

誰でも一回は感染したことがある普通のウイルスです。水疱瘡にかかったことがある人も多いですが、そのウイルスが大人になってから、帯状疱疹ウイルスとして体に悪さをおこすこともあります。

 

単純ヘルペスウイルスが一番知られている

単純ヘルペスウイルスが一番知られていて一番身近と言えるかもしれません。このウイルスは体のどの場所でも感染可能です。そのために皮膚に水膨れができてピリピリと痛みを感じる場合には、ヘルペスを疑ったほうがいいかもしれません。

性器ヘルペス等もこのウイルスが原因で起きてしまいます。症状は小さい水ぶくれが複数できるのですが、痛みが強くとても痒い状態が続くと思います。その後水ぶくれは水を含んだまま破れるのですが、破れるとその水が他に飛んで、その汁がほかの部分にウイルスを感染させますので、その結果かゆみが出てしまうのです。ですから1週間から2週間ほどであっという間にあちこちにウイルスが広がっていきます。

 

治療はどうすればいいの?

治療のためにはどうすればいいのでしょうか。治療としては、抗ヘルペスウイルス薬を処方してもらうことが一番でしょう。外用と内服がありますが、これらを服用していれば適切な時期に適量を処方してもらうことによって適切に治療を受けることにつながります。

悪化してしまうと場合によっては神経痛が取れないままずっと残ってしまうということもありますので、悪化しないように早めに対処しなければいけないでしょう。悪化を防ぐためにも、体のどこかに水泡を見つけたら早めに病院へ行きましょう。皮膚科へ行って適切な治療薬を処方してもらうことが一番の治療方法と言えるのではないでしょうか。ウイルスが増えてしまうとその後熱が出たり、疲れやすくなったりしてなかなか治らないこともありますので免疫力を高めるような工夫も必要となります。

ヘルペスウイルスに感染して発症してしまったら、ヘルペスを悪化させないためにも、早めに治療を受けましょう。皮膚科へ行って薬をもらってくるのが一番の近道となりますが、薬をインターネットで購入するという方法もあります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ